グーグルアースで古地図を見よう!

古地図のレイヤ

東京(明治)

1880〜1886年(明治13〜19年)当時の東京の古地図をご紹介します。


この古地図は基本レイヤには組み込まれていないものなので、以下の手順に従って農業環境技術研究所が提供する「歴史的農業景観閲覧システム」のKMLファイルをグーグルアースに取り込んでください。


ネットワークリンク
  1. グーグルアースを起動。
  2. メニューバーの「追加」をクリック。
  3. プルダウンメニューの中から「ネットワークリンク」を選択(クリック)。
名前とリンクの入力


上のようなダイアログが出ますので、
  1. 名前に「歴史的農業環境閲覧システム」を入力。
  2. リンクに「http://habs.dc.affrc.go.jp/kml/doc.kml」を入力。
  3. 「OK」をクリック。
歴史的農業環境閲覧システム


サイドバーの「場所」の中に「歴史的農業環境閲覧システム」が追加されますので、チェックボックスにチェックが入った状態で文字列をダブルクリックします。


明治時代の東京


東京上空に移動して古地図が広げられました。


東京湾にズームインしてみましょう。
(容量が大きいので表示には少し時間がかかります)


明治時代の東京湾


明治時代の東京湾はこんな感じです。
(もっとズームすることもできます)


それでは、現在の東京湾はどうなってるんでしょうか?試しに「歴史的農業環境閲覧システム」のチェックボックスをオフにして、現在の衛星写真に切り替えてみると…


現在の東京湾


なんと!かなりの部分が埋め立てられ、造成されてます。ちなみに、この古地図の誤差は大きいところでも150m程度らしいので、かなり精度は高いと思います。


他にも、明治時代と現在とを比較しながら見ていくと、面白い場所や意外な発見があるかもしれませんね。


やっぱりPCは苦手、もっと手軽に現代地図と古地図を見比べたい、という方にはこちらの書籍がおすすめです。


ページのトップへ ▲